Windows用 FTPサーバソフトウェア
サーベラスFTPサーバ

機能の紹介

Cerberus FTPサーバーは、環境に合わせて安全で信頼性の高いファイル転送を実現するために、多くの機能を持っています。
強力なSFTPサーバ
Webベースのファイルアクセス
信頼性
セキュリティ
コンプライアンス
ユーザー/グループ機能
管理機能
サーバーへの最適化
ログと監査
詳細な統計
IPブラックリストとホワイトリスト
その他の機能

パワフルなSFTP Server

  • SFTP – SSH2ファイル転送プロトコル。SFTPとも呼ばれます。 SFTPは、安全で信頼性の高いファイルアクセス、ファイル転送、およびファイル管理機能を提供するネットワークプロトコルです。クライアントがSFTP接続に公開鍵認証を使用することを許可することもできます。
  •  SCP – Secure Copy Protocolは、基本的なファイルのアップロードとダウンロードをサポートする非常に単純なファイル転送プロトコルです。シンプルで安全なファイル転送を可能にするために一部のレガシデバイスで使用されています。
  •  FTPSとFTP – 一般敵に利用可能なセキュアFTPには、明示的SSL / TLS暗号化(FTPES)を使用したFTPと暗黙SSL / TLS(FTPS)の2つのモードがあります。 Cerberus FTPサーバーは、プレーンFTPだけでなく、セキュアモードもサポートしています。また圧縮のためのMODE Z、IPv6のための拡張、そしてどんな言語でもFTPを許可するための拡張をサポートします。
  •  HTTP / S Webクライアント – HTTP / S Webクライアント機能により、一般的なWebブラウザにアクセスしてファイル操作(アップロード、ダウンロード、削除、名前の変更、ディレクトリの作成、ファイルの解凍および解凍)を簡単に実行できます。デスクトップまたはモバイルWebブラウザを使用します。
  •  イベント通知と自動処理、監査とレポート、アドホックファイル転送、およびファイル保存ポリシー
  •  マスターサーバーからすべてのユーザーと設定を任意の数のバックアップサーバーまたはクラスターサーバーに複製する同期マネージャ

  • すべてのユーザーがWebブラウザを使用してサーバーに簡単かつ安全に接続してファイル操作(アップロード、ダウンロード、削除、名前変更、ディレクトリの作成、ファイルとディレクトリの解凍および解凍)を実行できます。
  •   ネイティブなモバイルHTTP / S Webクライアント
  •   任意のHOTP電話クライアントを使用した2要素認証(Google Authenticator、OTP認証、Duoなど)
  • 複数のビルド済みテーマが含まれています。
  • Webクライアントでの画像とビデオのサムネイル表示
  • 人気の高いBootstrap 3フレームワークを使用して独自のカスタムテーマを簡単に作成できます。
  • ユーザーは、電子メールリンクとセキュリティの質問を使用してWebクライアントから自動パスワードリセットを要求できるようになりました(管理者によって許可されている場合)。

  • SHA-512、SHA-256、またはSHA-1暗号化ハッシュに基づく強力なチェックサムを使用した堅牢なファイル整合性チェック

  • HTTP / S WebクライアントとWeb管理ユーザーの両方にHOTPおよびDUOセキュリティを使用した2要素認証
  • 設定とセキュリティのサマリー、含めるまたは除外するSSL暗号を指定、プロトコルによるログインの制限、パスワードポリシーの設定
  • IPホワイトリストとブラックリスト、ユーザーアカウントの一時自動アカウントロックアウト、AD FTPセキュリティグループの証明書失効リスト(CRL)、クライアント証明書の検証、SSH2パブリックキー認証

業界標準であるFIPS 140-2、HIPAAなどのコンプライアンス規制を満たすために必要なアクセス制御を提供し、データが無許可なユーザーによってアクセスされないようにし、すべてのコマンドとファイルアクセスを監査します。

  • ユーザー/グループ機能、Active DirectoryおよびLDAPユーザーアカウントの管理および認証、新しい認証連鎖コントロールを使用して認証順序の優先順位を制御します。
  • 個々のActive DirectoryユーザーとLDAPユーザー用のカスタム仮想ディレクトリ作成
  • Event Managerを使用したイベント通知および自動化のサポート

  • SOAP制御API、Windowsサービスサポート、およびMicrosoftのHyper-VおよびVMWareのESXプラットフォームのサポート
  • サービスとして実行する際のUIへのフルアクセス維持
  • 細かなアクセス制御を持つ複数のWeb管理者

低いメモリ使用率、ネイティブ64ビット対応、および完全なIPv6サポート

  • ログファイルのサイズ制限、自動ローテーション、Syslog統合、およびTLS / SSL暗号の詳細なログ
  • すべてのコマンドとファイルアクセスの自動ログ記録により、誰がどのファイルをどこにどこに転送したか、どのようにいつどのように転送したか、さらに転送と接続の統計情報が記録します。
  • 接続とファイル転送に関する統計情報を維持し、詳細なレポートを作成することができます。
  • ファイル名、ファイルのタイムスタンプ、ユーザー、日付、またはホストによるレポートのフィルタリングと並べ替えの強化
  • 強化されたログインレポート
  • IPマネージャにより、管理者はIPアドレスに基づいてFTPサーバへのアクセスを選択的に許可または拒否することができます。
  •  管理者は自動ブロック機能を使用して、悪意のある接続の試みを自動的にブロックすることで、DoS(サービス拒否)やブルートフォースパスワードの推測を防ぐことができます。
  • IPマネージャのCIDRサポート
  • Chromeのウェブクライアントからのフォルダアップロード
  •  Webクライアントでの検索サポート
  • セッションファイルアクセスEメールレポートイベントアクション
  • 公開共有リンクの最大共有期間制限
  • ユーザーパスワードの有効期限やパスワードの変更などの重要なイベントの電子メール通知
  • ユーザー向けの強化されたWebクライアント用のアドレス帳
  • 単一IP用の同時FTP/S、SFTP、およびHTTP / S
  • Webクライアント用のカスタムHTTPロゴ
  • 個々のActive DirectoryおよびLDAPユーザー用のカスタム仮想ディレクトリ
  • ユーザーごとのセキュア接続要求
  • パスワードポリシー設定
  • 自動アカウントロックアウト
  • RSA、DSA、および楕円曲線公開鍵と秘密鍵のサポート
  • 一時的なDiffie-Hellman鍵交換のサポート
  • ブロックFXPとPASV接続用の予約ポート
  • UTF-8 – ネイティブ文字セットを持った外国語のファイル名の表示
  • タスクバーアイコンコントロールとステータスインジケータ
  • 接続制限とタイムアウト制御
  • 隠しサーバーモード(サーバーウィンドウを隠す)
  • 細かなディレクトリアクセス制限
  • IPv6のサポート